【ウィリー】ウィリー出来る6輪GF-01作ってみた

Pocket

1+

もうすぐG6-01コングヘッドが発売されますね!
コミカル4WDクラスの人達は大体コングヘッドにシフトするようですが、僕はあのボディがあんまり好きになれなくて、ウィリーしないし、6輪も抵抗が多そうで要らないかな?と思ってました

が、6月タミチャレの日レース後、僕の唯一のGF-01がテーブルから落下しまして、後ろのボディマウントがポッキリ!

またアクリルリキッドで治しても折れそうだし、WR-02のサイドフレーム付けるのはレギュ違反になりそうって事で、6輪に改造する事にしました

といっても今回の改造はお手軽です

ウィリーバーを外してこんな風にWR-02のギアボックスを付けるだけ!?

接合部にはフロントのバンパー用部品と、いつものL字金具を使います

幅はピッタリと言うわけではないのでスペーサと長めのビスで調整です

白いダンパーは仮ですが、ピッチング方向に動きを制御して滑らかにウィリーさせようという魂胆です

そしてG6-01同様、後ろの2輪も操舵させたいのでリアのギアボックスの上にサーボを載せます

サーボは980円のK-Power P0600 トルク6.8kg スピード 0.13s の意外と使えるやつです!

アップライトとCハブはステアリングリンクを上方から通すため大きくなりがちなバンプアウトを軽減しようと、ピロボールを上目につけられるM-05用を使用

サスアームはリア用の長い方にしましたが、ドッグボーンも長くする必要があり、TA05用?の44mmでも若干短く、鬼キャンでごまかしているので、フロント用の短い方が作りやすいかもです

あとツインモーターになるので、こういった二股ケーブルを作って

こんな風にモーターの配線を並列に分岐させて接続させました

ESCはHOBBYWINGのクローラ用80Aのものですが、今のところ問題なさそうですね

そんな感じでだいぶ省略しましたが完成!

ボディはとりあえずタンブリングブルを装着

ちょっと後ろが寂しいので、荷台と見立ててジバニャンを捨て猫風に乗せてみました

実はビックタイヤ6輪のパイオニア!TamaNevaさんのGF6輪とツーショット

そして待望のシェイクダウン、どんな走りを見せるのか?!乞うご期待!?

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*