540Jモーターを水中慣らししてみた

Pocket

年末の話ですが、PIT IN 新春レース用に540Jモーターを水中慣らししてみました

まず箱出し状態の回転数を計測します

mini-z用の回転数計測アプリを使い、たしか7.4V位まで落ちているリポで回しました

バッテリ直つなぎでも良かったんですが急にフルパワーだとブラシが痛むんじゃないかと心配だったのでアンプにつなぎじわっとスロットル入れてます

14880rpmとなってますが、どちらかと言うとハズレモーターでしょうか?

後で気付きましたが平均が出ていないので計測範囲を間違えている可能性もあります(汗)

ここで憂いていても仕方ないので早速水中にドボン!

水はペットボトルを半分に切った容器にトレビーノの浄水を入れました

タミヤの単3電池ボックスに使いかけのアルカリ電池2本をセットし、か細いワニ口ワイヤーで接続、と色々心もとない気もしますが、気にしないことにします(汗)

そして肝心の慣らし時間を記録してないのですが、正回転、逆回転を切り替えたりしながら1〜2時間回しました(30分位だと当たりが足りない気がしたので、、)

慣らしが終わったらモーター缶の水滴を拭き取り、パーツクリーナーでブラシとコミュテータを洗浄し、軸受けにメタルオイルを数滴染み込ませ仕上げ完了

期待の回転数を計測してみます

18360rpm!

大分伸びましたね

噂では540Jの場合19000とか回ることもある(しかも7Vで)らしいですが、まあ慣らし前より大分アップしたので良しとしましょう

と言う訳で水中慣らしなかなか良いのではないでしょうか?

次はミニ四駆のモーターでも試してみようと思います

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*